安間佐千さんのインスタグラム写真 - (安間佐千Instagram)「Episode 7 Traditional Bouldering   ボルダリングが始まった頃、まだクラッシュパッドは存在しなかった。そんな時代のスタイルを貫いてきたのが長野県と山梨県で精力的に開拓をし続けている室井登喜男氏。そのスタイルに光を当てたのが @keitakurakami 氏である。2016年頃、僕はノーマットスタイルとはなんだろう?という興味と共に友人たちと始めたのだがこれがまた面白い。トラッドボルダーとも呼ばれるそのスタイルは、安全確保用のクラッシュパッドを使わずにボルダリングをすることだ。落ちたら大怪我をするであろうシチュエーションに多々遭遇する。そして登り切った時の達成感たるや素晴らしいものがある。クライミングの根源的要素の一つである冒険性を一瞬で体験できる。  僕が冒険の中に見る素晴らしさの一つに、死への恐怖との対峙がある。誰もが経験するであろう死。危険な状況に身を置くと、腹のあたりに嫌な感覚を覚える。それは死が近い時の恐怖だと思う。だが不思議なのは、死を感じると、生きていることを実感する。今日も生きているって。荒々しいやり方とも感じるが、ノーマットは、今この瞬間こそ全てだ、と学ばせてくれる良きスタイルだと思う。  When bouldering started, crush pad haven’t existed. Tokio Muroi who opened so many boulders in Nagano pref. and Yamanashi pref. kept not using crush pad for developing. @keitakurakami shedded light on that style we call No Pad Style. I was interested in the style in 2016 and started with my friends but it is a lot of fun! This style sometimes called “traditional bouldering” and it is just climb boulders without using crush pad. You often encounter situations that can cause serious injury. And there is a wonderful feeling of accomplishment when climbing up. You can experience the adventurous nature that is one of the fundamental elements of climbing.   One of the great things I see in the traditional bouldering is the confrontation with the fear of death. Death that everyone will experience. When you put yourself in a dangerous situation, you feel unpleasant around your stomach. I think it's a fear when death is near. However, the strange thing is that when you feel death, you realize that you are alive. I'm still alive today. It feels like a rough way, but I think traditional bouldering is a good style that lets you learn that this is the moment.  Good memories my friends  @yuji_hirayama_stonerider #yutashirasu  @adidasterrex @fiveten_official @petzl_official #アルテリア #traditionalbouldering #nomatstyle #bouldering #mizugaki #過去振り返り」3月1日 18時24分 - sachiamma

安間佐千のインスタグラム(sachiamma) - 3月1日 18時24分


Episode 7 Traditional Bouldering

ボルダリングが始まった頃、まだクラッシュパッドは存在しなかった。そんな時代のスタイルを貫いてきたのが長野県と山梨県で精力的に開拓をし続けている室井登喜男氏。そのスタイルに光を当てたのが @keitakurakami 氏である。2016年頃、僕はノーマットスタイルとはなんだろう?という興味と共に友人たちと始めたのだがこれがまた面白い。トラッドボルダーとも呼ばれるそのスタイルは、安全確保用のクラッシュパッドを使わずにボルダリングをすることだ。落ちたら大怪我をするであろうシチュエーションに多々遭遇する。そして登り切った時の達成感たるや素晴らしいものがある。クライミングの根源的要素の一つである冒険性を一瞬で体験できる。

僕が冒険の中に見る素晴らしさの一つに、死への恐怖との対峙がある。誰もが経験するであろう死。危険な状況に身を置くと、腹のあたりに嫌な感覚を覚える。それは死が近い時の恐怖だと思う。だが不思議なのは、死を感じると、生きていることを実感する。今日も生きているって。荒々しいやり方とも感じるが、ノーマットは、今この瞬間こそ全てだ、と学ばせてくれる良きスタイルだと思う。

When bouldering started, crush pad haven’t existed. Tokio Muroi who opened so many boulders in Nagano pref. and Yamanashi pref. kept not using crush pad for developing. @keitakurakami shedded light on that style we call No Pad Style. I was interested in the style in 2016 and started with my friends but it is a lot of fun! This style sometimes called “traditional bouldering” and it is just climb boulders without using crush pad. You often encounter situations that can cause serious injury. And there is a wonderful feeling of accomplishment when climbing up. You can experience the adventurous nature that is one of the fundamental elements of climbing.

One of the great things I see in the traditional bouldering is the confrontation with the fear of death. Death that everyone will experience. When you put yourself in a dangerous situation, you feel unpleasant around your stomach. I think it's a fear when death is near. However, the strange thing is that when you feel death, you realize that you are alive. I'm still alive today. It feels like a rough way, but I think traditional bouldering is a good style that lets you learn that this is the moment.

Good memories my friends
@平山ユージ #yutashirasu
@adidasterrex @fiveten_official @petzl_official #アルテリア #traditionalbouldering #nomatstyle #bouldering #mizugaki #過去振り返り
[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

>> 飲む日焼け止め!「UVシールド」を購入する

786

2

2021/3/1

安間佐千を見た方におすすめの有名人

安間佐千の人気のインスタグラム