お気に入り

スザンヌ Instagram

スザンヌ さんのインスタグラム

女性タレント のスザンヌ さんのインスタグラム(Instagram)アカウントです。

319,361

スザンヌ (suzanneeee1028)
公式Instagram始めました🙆子育てのこと仕事のこと、熊本でのびのび息子と過ごす日々など、きままにあっぷしていきます💓よろしくお願いします🙏
http://s.ameblo.jp/suzanneblog/

[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

スザンヌがフォローしている有名人

スザンヌと一緒に登場した有名人

関連コンテンツ

スザンヌのハッシュタグ

スザンヌの関連リンク

スザンヌ インスタグラム
スザンヌ 公式

スザンヌのプロフィール

名前:スザンヌ(タレント)
生年月日:1986年10月28日
出身地:熊本県

本名は山本紗衣。2人姉妹の長女として熊本で生まれ育った。芸能界に入ったきっかけはスカウトで、中学生のころ、地元を歩いていたときにモデルのスカウトを受け、最初はCMに出演するなどの芸能活動をはじめていたものの、目立った仕事はなかった様子。高校進学の際、地元・熊本で合格できる高校はないと言われたほど、学力に心配のあったスザンヌは、CM出演経験などもあることから、福岡にある、第一経済大学附属高等学校の芸能コースに進学。それでも学校にはついていけず、中退をすると同時に福岡の芸能事務所に所属。これを機に本格的に芸能界デビューをし、モデルやローカルタレント等を中心に活動することになった。
福岡県と大阪府で放送されていた、RKB毎日放送の深夜番組「MTM」への出演をきっかけに、同局のプロデューサーに声を掛けられ、ケイダッシュシュテージに所属することになる。熊本のローカルタレントから、スザンヌはケイダッシュステージに移籍するため、2006年の春に上京。深夜番組やローカル番組の出演経験を重ねることで、スザンヌは関係者の目にとまるようになり、フジテレビ系のバラエティ番組に出演する機会が増えるようになっていった。ちなみに「スザンヌ」という芸名は、本名の紗衣のイニシャルSにちなんでつけられたや、番組のディレクターから山本紗衣という顔ではないから、スザンヌという名前で出てほしいと言われた、山本スーザン久美子からの由来、外国人のフリをして騙すドッキリ企画で、スザンヌ本人がスザンヌですという自己紹介をしたから、などという理由からスザンヌという芸名が定着しているそう。

スザンヌとしてさまざまな人に見出されるようになり、大きな転機が訪れたのは、2007年。この年、スザンヌはフジテレビ系のクイズ番組「クイズ!ヘキサゴンⅡ」に出演したのだが、ヘキサゴン内ではスザンヌの珍回答が多発。この珍回答ぶりが話題になり、スザンヌはヘキサゴンのレギュラーメンバーとして呼ばれるようになり、のちにはヘキサゴンファミリーとして認知されるようになっていった。おバカ回答で人気と知名度を獲得したスザンヌは、同じくおバカ回答で注目を浴び、人気を獲得するようになった里田まい・木下優樹菜とともに、ヘキサゴンの企画ユニット「Pabo」としてファーストシングル「恋のヘキサゴン」でCDデビューを果たした。ヘキサゴンでのおバカ回答が話題になったことがきっかけで、ほかにも多くのバラエティ番組への出演が増え、スザンヌは大ブレイク。ついには、フジテレビ系ドラマ「無理な恋愛」に出演するなど、女優業へも活動の幅を広げることとなった。その後、2008年にはヘキサゴンファミリーのなかでも毎回おバカ回答を出すにも関わらず、そのかわいさやイケメンさで人気の男女6人で組んだユニット「アラジン」にも参加。ファーストシングル「陽はまた昇る」を発売すると、スザンヌを含めたヘキサゴンファミリーは当時のフジテレビの顔といっても過言ではないほどの人気を博していた。

ヘキサゴンでは、スザンヌの家族も話題に。スザンヌの母親はかつてモデル経験があったり、地元・熊本で飲食店を経営していることから、ヘキサゴン初出演時から「キャサリン」という名前で紹介されていた。スザンヌもハーフではないことから、もちろん母親であるキャサリンこと藤本清美も純日本人。また、最初に出演したときには本名の山本真央として紹介されていたスザンヌの妹も、のちにスザンヌのブログでマーガリンに決まりました、と報告され、それ以降はスザンヌの妹はマーガリンという愛称で呼ばれるようになった。マーガリンはスザンヌほどハーフ顔ではないが、マーガリンという横文字が似合うようなハーフっぽい顔立ち。ちなみにスザンヌも妹のマーガリンも、「山本」という苗字を名乗っているが、母親が藤本なのは、2006年にスザンヌの母親であるキャサリンが再婚したため。スザンヌの新しい父親となっているのは、元競輪選手の藤本博之。父親になった藤本博之は、地元では有名な競輪選手だったため、獲得した賞金総額は4億を超えるとも言われるほど。“新しい父親”とスザンヌの関係は良好なのは、実の父親との思い出がほとんどないからのよう。スザンヌの母親・キャサリンと実の父親が離婚したのは、結婚から5年ほど。その間にスザンヌや妹のマーガリンが生まれたのだが、ほぼ思い出はないと言えるようだ。そのため、新しい父親となった藤本博之との関係は、もちろん普通の父親と娘という関係ではないものの、交流が多く、いい関係が築けている様子。

ヘキサゴンで大ブレイクを果たしたスザンヌだが、いい流れは長く続かず、ヘキサゴンのMCを務めていた島田紳助の芸能界引退を機に番組が休止。MCであり、多くのメンバーを世に出すきっかけを作ったプロデューサー的存在の島田紳助なしでは、ヘキサゴンは続行できず、ヘキサゴンファミリーは解散することとなった。スザンヌはおバカキャラを売りにしたまま、多くのバラエティ番組への出演に恵まれて、芸能活動に影響はなく、自分のファミリー、キャサリンやマーガリンたちとの活動も増えていった。そんななか、2010年3月に写真週刊誌「FRIDAY」で当時、福岡ソフトバンクホークスの投手であった斉藤和巳との交際がスクープされると、スザンヌも斉藤和巳もその交際を認め、タレントとして好感度を上げた。そして同年4月からも無事日本テレビ系情報・バラエティ番組「おもいッきりPON!」のリニューアル番組「PON!」でも曜日レギュラーを獲得した。
2009年に知人の紹介で出会った斉藤和巳との交際は順調で、東京で活動するスザンヌと、福岡で活躍する斉藤和巳という大きな距離はあったものの、2011年12月に結婚。おバカタレントとして知られるスザンヌへの好感度の高さもあり、多くの人が祝福した結婚だった。結婚生活も順調に見え、2013年に妊娠が発覚すると秋に産休として芸能活動をセーブ。スザンヌが産休に入ることはネットニュースでも取り上げられ、注目度の高いタレントのまま産休に入ったのだ。スザンヌが無事子供を産んだのは、2014年1月。ついにスザンヌにも子供ができ、おバカタレントからママタレへと転身するのかという世間の流れもあり、同年8月には「mamazannne ママザンヌ」というスザンヌ自身の妊娠、出産、子育ての経験を綴った本を発売したりも。

しかし、スザンヌの離婚は早い段階で訪れた。離婚に至ったきっかけは、斉藤和巳の不倫と言われていたが、もしかしたら離婚の本当の原因になったのは、子供ができたことだったのではという噂も。斉藤和巳はスザンヌと出会う前に離婚をしているバツイチだったが、その元妻との離婚の原因が子供だという話が出回っている。斉藤和巳は子供嫌いのため、スザンヌのことは大切にできても、子供のことは大切にできなかったようで、子供が生まれてスザンヌが育児に専念している間に斉藤和巳の心は離れ、2014年の夏には弁護士の連絡先とともに離婚を請求、同年9月には斉藤和巳が家を出て行く形で別居状態となったこともあり、状況を変えられなかったスザンヌは離婚を決断したとされている。スザンヌは離婚会見を開き、途中で涙を見せながらも離婚に至ったという報告をしたのだが、そのときには元旦那である、斉藤和巳の不倫についても話題になった。
斉藤和巳の不倫相手と言われていたのが、プロゴルファーの上田桃子。もともと友人という存在であったようだが、上田桃子と再会し、食事をしたり、上田桃子の試合を観戦したことを斉藤和巳が自身のぶブログでわざわざ報告。このブログの投稿で、斉藤和巳と上田桃子は潔癖な友人関係ということをアピールしたかったようだが、のちのちスザンヌとの関係が悪化していったこともあって、離婚の原因は斉藤和巳が上田桃子と不倫したからという話が広まっていった。スザンヌはまだ離婚する前から、斉藤和巳の浮気や不倫について報道陣に聞かれるシーンがあったのだが、常に旦那である斉藤和巳の立場が悪くなるような発言はせず、スザンヌの癒し系の笑顔でごまかしてきた。それでも超えられなかった、斉藤和巳の子供嫌いの壁もあり、スザンヌは離婚という決断になったようだ。

離婚後、スザンヌはシングルマザーとして子供を育てている。離婚も経験しながら、元旦那の仕打ちについて世間に打ち明けることなく芸能活動を続けるスザンヌは、多くの人から応援されている。スザンヌといえば、ブレイク時にも話題になった周囲を癒す笑顔が特徴だ。スザンヌのインスタには、スザンヌの子供もよく登場するが、子供とスザンヌ、どちらも癒される笑顔の写真が多数投稿されている。ハーフでもないのに「スザンヌ」という名前で愛されているが、ほかにも多くのスザンヌが存在する。一時は、スザンヌという実名の人が事件を起こしたことで、「ママタレのスザンヌが逮捕!?子供はどうするんだろう…」といった勘違いもネット上に出てきたほど。一番有名なスザンヌは、テニス選手のスザンヌ・ランランだろう。スザンヌ・ランランは、女性ながらも世界で最初のプロテニス選手だ。スザンヌ・ランランがいたからこそ、テニスがメジャースポーツになったと言っても過言ではないほど、スザンヌ・ランランという名前はテニスだけではなく、スポーツの歴史に刻まれている。Googleでも、スザンヌ・ランラン生誕117年バージョンのロゴを作成したほどだ。おバカタレントから、ママタレに転身したスザンヌは、まだまだ世界に知られる存在ではないものの、スザンヌ・ランランのように人々に愛される存在になっている。

主な出演

・映画
いぬばか・ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-・HOME 愛しの座敷わらし…

・ドラマ
無理な恋愛…

・CM
武田メガネ・ハウス食品 『うまかっちゃん』・三菱電機 『NTTドコモ D903iTV』・ジョイフル ワイドレジャー『楽市楽座・夢のワンダーランド編』・ゼンリンデータコム『ゼンリン地図+ナビ』・ハピネット『ブレイド ブラッド・オブ・カソン』・花王『エッセンシャル』・ディー・エヌ・エー『モバオク』・キャドバリー・ジャパン『リカルデント』・ゼンショー『すき家』・九州旅客鉄道(JR九州)『くまもと最高ザンス 観光キャンペーン』・雪国まいたけ『雪国もやし』・ゆめぴりか・積和不動産九州『ヴィルヌーブ諏訪野ガーデン』編・イマージュ…

スザンヌの人気のインスタグラム