お気に入り

ディーン・フジオカ Instagram

俳優 のディーン・フジオカさん ( ダメな私に恋してください ) のインスタグラム(Instagram)アカウントです。

509,109

https://youtu.be/-idvEIznptc

[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

ディーン・フジオカをフォローしている有名人

ディーン・フジオカと一緒に登場した有名人

関連コンテンツ

ディーン・フジオカのハッシュタグ

ディーン・フジオカの関連リンク

ディーン・フジオカ Twitter
ディーン・フジオカ Facebook
ディーン・フジオカ インスタグラム
ディーン・フジオカ 公式

ディーン・フジオカのプロフィール

名前:ディーン・フジオカ(俳優)
生年月日:1980年8月19日
出身地:福島県

本名は藤岡竜雄。福島県で生まれ、千葉で育った。小さい頃からアメリカの音楽や映画などが好きだったが、その影響は両親によるもののようだ。ディーン・フジオカの母はピアノの先生をやっていたため、音楽への入り口がすぐそばにあり、父は映画好きでよく見ていたそう。ディーン・フジオカには妹がいるのだが、その妹がディーン・フジオカの高校時代に、勝手にジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募していた過去がある。ちなみにこのジュノンボーイコンテストでは、最終選考まで残ったとか。高校卒業後、夢見ていたアメリカ行きを決め、地図を広げて無作為に選んだのがシアトルだったため、シアトルへ留学。アメリカへの留学理由は、英語はもちろん、ITと会計学、ファイナンスについての知識をつけたかったから。そのため、英語学校で本場の英語を習い、大学に入ってからはIT分野を専攻していたそうだ。そして、この留学がきっかけで、のちに「ディーン・フジオカ」という芸名を名乗るようになる。というのも、アメリカ留学時代にお世話になったホストファーザーが、アメリカの生活に馴染むようにと「ディーン」という愛称をつけてくれたことがあった。そのため、モデル活動をはじめるときに、ホストファーザーからもらって、アメリカでのニックネームだった「ディーン」を芸名につけたそうだ。ちなみに広東語でディーンというのは、クレイジーという意味をもつことも、芸名にした由来だと話している。

そして大学卒業後、旅行で訪れたのだが、香港では多くの刺激的な出会いに恵まれ、香港が好きになり、住むようになる。香港に住んでからは、クラブでパフォーマンスをするようなことも多かったようだが、そのなかで香港のファッション誌の人にスカウトされ、その雑誌でモデル活動をはじめることになった。それまで全くモデル活動などの芸能活動を考えたことはなかったそうだが、ディーン・フジオカは自分のなかでひっかかったものは、怖がらずにまず試してみる、という性格だったため、モデルの道へ足を踏み入れることに決めた。当時24歳くらいのディーン・フジオカは最初の芸名を「ディーン藤岡」に決めてモデル活動を開始。すると2005年には映画出演の話が舞い込んで来て、香港映画「八月の物語」で俳優業をスタート。翌年には香港ドラマへ出演するなど俳優業を広げると、ディーン・フジオカにとって映画初出演作品の「八月の物語」が各国の映画祭に出品され、世界中に「ディーン藤岡」という俳優の存在が知れ渡るようになった。

2006年からは活動拠点を香港から台湾に移動し、台湾ドラマなどに出演するようになったのだが、ディーン・フジオカが当時出演していたドラマは人気作品だったため、新人俳優ながらも台湾でブレイクし、翌年からはパーソナリティを務める文化放送のラジオ番組「Tatsunami Radio」を持つほどに。このラジオは、台北から日本のリスナーに発信されていたものだ。この活動もあり、日本でのメディア出演も経験するようになっていった。そして2008年からはDJ SUMOに出会ったことで、インドネシアで音楽活動を開始するようになり、ディーン・フジオカの活動拠点はアジアに広がっていくようになった。その後も多くの台湾ドラマや映画に出演しながら、モデル活動、クリエイティブ活動を続けるなか、2013年には映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」で日本作品で初監督・主演を務めた。この映画は、2007年に起こった、英会話学校の講師殺害事件の犯人である、市橋達也被告の逃亡劇が元になっており、事件発生当時、その惨劇と市橋達也被告の逮捕までかなりの時間を要したで、日本国民の注目が高かった事件を題材にしているということもあり、多くの日本人が「ディーン・フジオカ」を認識するきっかけとなった。
この映画制作をきっかけに、ディーン・フジオカの日本での芸能活動が広がり、2014年にはNHK BSプレミアムで放送されたドラマ「撃墜 3人のパイロット」で日本テレビ初出演を経験。また、同年にはドラマ「こうやのピンカートン探偵社」で北米デビューも果たした。世界にまたがったディーン・フジオカの芸能活動だが、2015年から日本の連続テレビドラマ出演が増えると、日本での人気が爆発し、大ブレイク。連続ドラマ初出演作品となったフジテレビ系ドラマ「探偵の探偵」出演後、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」に出演すると、おディーン様と呼ばれるほど、多くの日本人女性を魅了するようになったのだ。それからも多くの日本のドラマ・映画に出演しながらも、自身の拠点はインドネシアといった、1つの場所にとどまらない生活を続けている。

俳優としてのディーン・フジオカの活動が日本ではよく知られているが、音楽活動も本人にとっては大きな軸。きちんと音楽活動が始まったのは、監督作品「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」の主題歌「My Dimension」からだ。このファーストシングルは2013年に配信された。その後も数々の歌をリリースしているが、タイアップで制作された曲がほとんど。3rdシングルの「History Maker」は、テレビアニメ「ユーリ!!! on ICE」のオープニング曲、「Priceless」はCanonのCMソング、「Unchained Melody」はテレビ朝日系「サタデーステーション・サンデーステーション」のエンディングテーマ、「Let it snow!」は、ディーン・フジオカ自身が主演を務めた日本テレビ系ドラマ「今からあなたを脅迫します」の主題歌、など、その楽曲が認められてのリリースなのだ。しかし、「あさが来た」でブレイク以降、日本では逆輸入俳優として知られているディーン・フジオカのその歌に関しては賛否の声も。
純日本人であるものの、ディーン・フジオカの生活拠点はインドネシアで、活動拠点はアジア全域など、と幅が広いこともあり、音楽番組へ出演して歌う際には中継を組まれることも多かった。そのため、中継をしてまで出るアーティストという先入観もある視聴者からすると、海外のエッセンスも入ったディーン・フジオカの音楽や歌い方、歌そのものがなかなかすっきり受け入れられない人も多く、「歌がダサい…」「歌い方がダサい….」といった反応も。なかなかディーン・フジオカの歌に関しては、厳しい意見が見られるようだ。

ディーン・フジオカの生活拠点がなぜインドネシアかというと、お嫁さんの出身国がインドネシアだからだ。その嫁とは、バニーナ・アメーリア・ハイダヤット。嫁との出会いは、台北でのディナーで、はじめて会ったそのときにお互いが運命的な出会いと直感し、すぐに交際に発展。順調に交際し、2人は2012年に結婚したのだった。ディーン・フジオカは自身の嫁について、口数は少ないものの、要点をついたストレートな発言をする人、エキセントリックな人、と語っている。嫁へのプロポーズは、ディーン・フジオカが日本に帰国する日の朝に、玄関で嫁にキスをしてバイバイを告げると、自身でこのまま帰ってはいけない、と思ってそのまま結婚しよう、とプロポーズをしたそうだ。
ディーン・フジオカ自身は開けっぴろげにしている、嫁情報だが、まだまだ謎に包まれていることもあり、多くの人が話題にしているのがタトゥーだ。ディーン・フジオカにもタトゥーが入っているのだが、嫁は肩からがっつりタトゥーを入れている。日本ではタトゥーの文化がなかなか浸透していないこともあり、ディーン・フジオカの右腕に入っているタトゥーでさえ何色を示す人が多いため、「嫁のタトゥーが凄い!」とネットで話題になるほど。インドネシア出身というイメージでは処理しきれない美人さも相まって、その人ががっつりタトゥーを入れている事実と、シャキッとした役のイメージが強いディーン・フジオカの嫁なのに、というギャップがあり、多くの人がそのタトゥーに注目している様子。タトゥーを入れていても、決して怖そうな人ではないようで、コンビニにストリートキッズを連れて行き、自分のお金で好きなものを買わせたエピソードも。正しく、優しい心を持った嫁に、ディーン・フジオカは引かれたのだとか。ディーン・フジオカは双子の男の子父親だったのだが、2017年には嫁が長女を出産し家族が増えていて、幸せな家庭を手に入れているようだ。さまざまな国で活躍する分、なんとなく宙に浮いた存在に見えるが、幅広い分野での活動がこれからも期待されている。

主な出演

・映画
八月の物語・七月好風・サマーズ・テイル~夏のしっぽ~・セデック・バレ・夢の向こう側~ROAD LESS TRAVELED~・ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉 Black & White Episode 1・ I am ICHIHASHI 逮捕されるまで・Dance! Dance! Dance!・シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸・NINJA THE MONSTER・風雲高手・結婚・鋼の錬金術師・空飛ぶタイヤ・坂道のアポロン・海を駆ける…

・ドラマ
スクール・ロワイアル~極道学園~・ホントの恋の見つけかた・笑うハナに恋きたる・王子様をオトせ!・撃墜 3人のパイロット~命を奪い合った若者たち~・荒野のピンカートン探偵社・探偵の探偵・連続テレビ小説 あさが来た・ダメな私に恋してください・喧騒の街、静かな海・IQ246~華麗なる事件簿~・放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人II 悲しき破壊神』・今からあなたを脅迫します・トットちゃん! ・モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-…

・CM
三菱・コルトプラス『加油站』篇、『買房』篇・ソニー 「h.ear×WALKMAN」コンセプトムービー・ロッテ「Lady Borden」・マルトモ「プレ節25ミクロンソフトけずり」『出会い』編、『ハマる』編・ダスキン『家事シェルジュ登場』篇、『おそうじベーシック3 逃さない』篇、『エアコンクリーニング 徹底洗浄』篇、『ビジネスマット 熱烈歓迎』篇、『ケア 家事も余暇もお任せを』篇、『ホーム 家事も余暇もお任せを』篇、『おそうじベーシック3 見えてる以上』篇、『台所用スポンジ たかがスポンジ』篇、『おそうじベーシック3 歓喜の大そうじ』篇・アサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン」『響く音』編、『弾ける音』編、『本格炭酸』編、『ライフスタイル』編・サントリー「三ツ矢サイダー」『宣言』編・プリマハム「ジョンソンヴィル」『FIVE SENSES』篇、『In the Kitchen』篇(2017年)[74] ・イオン WAON POINT 「smart WAON」/電子マネーWAON10周年記念大抽選会・日本生命「みらいのカタチ 5つ星」『どっちも!』篇・NHK 「スーパーハイビジョン」・ライオン「hadakara」『流されていた』編、『挑戦』編、『大人の思い込み』編、『子供の乾燥』編・Canon Asia「EOS M5」『Remix your photography」/EOS M6『Uncover the Hidden』・ヤマハ音楽振興会「ヤマハ英語教室」『自分の思いを話せる英語』篇…

ディーン・フジオカの人気のインスタグラム

新着ニュース