お気に入り

益若つばさ Instagram

モデル の益若つばささん のインスタグラム(Instagram)アカウントです。

476,252

Dollywink,Candydoll producer.EATME director. .etc Japan🇯🇵
http://runway-webstore.com/eatme/

[Exafit]リーンフレーム

益若つばさがフォローしている有名人

益若つばさと一緒に登場した有名人

関連コンテンツ

益若つばさのハッシュタグ

益若つばさの関連リンク

益若つばさ Twitter
益若つばさ インスタグラム
益若つばさ 公式

益若つばさのプロフィール

名前:益若つばさ(モデル)
生年月日:1985年10月13日
出身地:埼玉県

埼玉県の郊外で生まれ育った益若つばさは、中学生のころに東京の子たちのようにおしゃれになりたいと、渋谷へ通うようになった。そんななか、2002年、益若つばさが当時17歳のころ、街でファッション誌「Popteen」の街角ファッションチェックという企画に参加し、誌面に登場。すると、何者かになれた気がして、この街角スナップをきっかけに読者モデルとして雑誌に参加するようになった。読者モデルというのは専属モデルと違い、時給制のアルバイトに近い。リアルな自分の服で誌面に登場するため、決して稼げているという感覚は当時なかったはず。そんななか、益若つばさは誰もが手に入りやすい価格帯のアイテムで上手にコーディネートしていることもあり、ぐいぐいと人気を伸ばすこととなった。
益若つばさの人気の秘密は、身長もある。カリスマモデルとも言われた益若つばさは、じつは身長150cmと女性のなかでもかなり小柄。モデルとして165cmは欲しいことを考えると、明らかに体系的に不利なのに、そんなことを感じさせないバランスの良さで、益若つばさのファッションを真似したい女子が急上昇していった。

2006年にそのファッション誌「Popteen」ではじめて単独での表紙デビューを飾った。2007年には当時、男性ファッション誌「men’s egg」のトップモデル・梅しゃんこと梅田直樹との間に子供ができるとあっさり結婚し、ウェディング姿のふたりが表紙となった「Popteen結婚発表号」が発売され、驚異の10日間で41万部を完売させるという驚異の記録を生み出した。その結婚を機に、カリスマ読者モデルを卒業。2008年には長男を出産し、三人家族に。結婚や出産を機に、モデル業だけではなく、自分自身をプロデュースしていくことも決意し、商品プロデュースでも活動を開始。益若つばさがプロデュースして大ヒットした商品は数多く、香水やニット帽、浴衣など幅広い。なかでも益若つばさプロデュースのカラコンは、本人が使っているということもあり大人気。1からプロデュースしたコスメブランド「Candy Doll」も、トップモデルの益若つばさが愛用していることもあり大人気となった。益若つばさ
益若つばさがプロデュースした商品は100億円の経済効果があると言われたほど、影響力を持っていた。益若つばさが欲しいと思ってプロデュースするとなんでも売れていたほどの「ギャルのカリスマ」だった。

カリスマモデルとしての絶対的位置を誇った益若つばさだが、そんな人気絶頂期に結婚できたのも、読者モデルという枠に捉われないジャンルにいたからこそ。結婚を機に自分のフィールドを変えると、テレビ出演が増え、旦那の梅しゃんとの共演も多々。ギャルたちの憧れの存在から、世間にも知られるようになった2011年には、そんな憧れ夫婦も別居。その後、梅しゃんと離婚し、ふたりの間に生まれた愛息子は益若つばさが育てることになり、シングルマザーとなった。
そんな益若つばさは、2015年、人気グループ「SEKAI NO OWARI」のボーカル、深瀬慧と交際が明るみになった。その深瀬は、2013年にきゃりーぱみゅぱみゅとの交際が報じられ、お互いのファン公認かつ、お互いのSNSに写真が頻繁に投稿されるなど、かなりオープンな交際をしていたことでも知られている。そのきゃりーぱみゅぱみゅとの破局後すぐに、深瀬は益若つばさと付き合いだしたと見られている。報道が出たのは週刊誌のスクープなどだが、当の本人である深瀬はあっさり交際を認め、世間をざわつかせた。きゃりーぱみゅぱみゅと益若つばさの顔の雰囲気が似ていることから、深瀬のタイプってわかりやすい…などと、さらりと乗り換えたように見える深瀬に対して批判の声も。そんななか、きゃりーぱみゅぱみゅと一緒にいるときよりも益若つばさと一緒にいるときの深瀬の顔が優しいということも話題に。深瀬との交際は時間が経つほどどんどん明るみになり、益若つばさの愛息子と深瀬の関係も順調そうなことから、深瀬は益若つばさにプロポーズするのではないかと見守るファンも次第に増えていった。結婚秒読みかと思われていた深瀬との関係だが、2017年にSEKAI NO OWARIメンバーのSaoriとNAKAJINが同時にそれぞれの結婚を発表。深瀬が一番最初に結婚するとファンたちは思っていたため、ふたりの結婚ももちろんだが、深瀬と益若つばさの関係が進展しないことを疑問視する人が増えてきている。2017年にはアップされていた深瀬との写真が全て消えていることもあり、深瀬と益若つばさは破局したのではという見方も少なくない。

益若つばさといえば、ギャル出身ということもあり、年代別で分けて写真を見てみるとさまざまな顔に変化してきている。顔はメイクによって大きく変わるのはもちろんだが、とくにカリスマモデルと言われて大ブレイクしていたころには、ほっそりとした足だが、少しふっくらした丸顔が特徴的だった。しかし、それが次第に顎がシャープになっていき、いつからか、益若つばさって顔変わった?顔変えた?という声がネット上にも溢れるようになっていった。
もともと少年みたいな顔がコンプレックスで、タレ目に見えるメイクにしてみたり、カラコンで印象を変えてみたりと、「顔」に関しては人一倍こだわってきた益若つばさ。実際にそのメイクは常にギャルの最先端となり、多くのギャルたちが益若つばさのメイクを真似していたほど。益若つばさによりタレ目メイクが生まれたり、カラコンを日常的に使うギャルたちの文化が生まれるようになったのだ。
その顔の変化への指摘が増えると、実は10代のころに交通事故に遭って、歯がぐちゃぐちゃになってしまったから笑い方が変になったとTwitterで告白。その事故以来、ずっと歯医者に通ってメンテナンスをしているとも。そう告白した益若つばさだが、顔の変化の言い訳にしているだけという批判もあり、顔の変化疑惑については今後も注目を浴びることになる。

ギャルのカリスマとして大ブレイクした益若つばさだが、今はギャル色が抜けたながらも、多くの女性からの注目は熱い。益若つばさのインスタにアップされる表情やファッションは常に分析されていることから、まだまだ益若つばさの影響力は大きい。モデルとしてよりもタレントという大きい括りで活躍している益若つばさだが、最近はセクシーな水着姿を見せ、30歳を超えたと思えない美しさと、一児の母に見えないエロさが話題になった。しかしその水着は、じつは益若つばさが手がけるブランドのもの。その水着ブランドは「EATME」。プロデュース業を広げる中で、水着ブランドを立ち上げて順調に売り上げてきたのだが、2016年は水着の売れ行きが振るわず、その売り切れへのカバーをするために、多くの水着姿をインスタに掲載していたという噂も。
ファンからすれば、セクシーな水着姿を見れるのは嬉しいことだし、益若つばさも注目されれば本望。水着以外にもカラコン含め多くのプロデュース商品を世に送り込んでいる益若つばさは、これから実業家という道の方が本職になっていくのかもしれない。

主な出演

・ドラマ
最後から二番目の恋…

・CM
ダリヤ Palty「ギャル道篇」「バルコレ」篇「泡KARAデビュー」篇・江崎グリコ ポッキー エビバデポッキー つばさ篇・ユニバーサルミュージック いちばん大切なキミへ贈るうた「友達 家族へ」篇「恋人へ」篇・ツヤグラパーフェクト ヘアアイロン・マクドナルド ハッピーセット シュガーバニーズ シュシュ&リング篇・T-Garden Candy Doll・日本クラフトフーズ ストライド ストライプ「Happy Stripe Way」篇・フリュー フリュープリ機「つーちゃんプリントシール機」篇・UCC上島珈琲 パラダイストロピカルティー・イトーヨーカ堂 イトーヨーカドーレイングッズ…

益若つばさの人気のインスタグラム

益若つばさの関連ニュース

新着ニュース