長友佑都がフォローしている有名人

長友佑都と一緒に登場した有名人

関連コンテンツ

長友佑都のハッシュタグ

長友佑都の関連リンク

長友佑都 Twitter
長友佑都 Facebook
長友佑都 インスタグラム
長友佑都 公式

長友佑都のプロフィール

名前:長友佑都(サッカー選手)
生年月日:1986年9月12日
出身地:愛媛県

3兄弟の長男として愛媛県西条市で生まれた長友佑都だが、両親は幼い頃に離婚しているため、母親に引き取られて育った。長友佑都は、小学1年生のころからサッカーをはじめたのだが、その影響は家系によるもの。というのも、長友家はスポーツ一家で、長友佑都の母方の祖父は元競輪選手の吉田達雄。吉田達雄とは、第1回小倉競輪の出走者で、その弟も元競輪選手・吉田実。そして父方の祖父は明治大学出身の元ラガーマンなのだ。そんな家族の影響もあってか、小学1年生の頃からはじめたサッカーだが、小学6年生のときには愛媛FCジュニアユースのセレクションを受けるほど熱中。結果は不合格だったため、地元の中学でサッカー部に入部することになったのだが、このサッカー部が荒れていて、周りに流された長友佑都は、練習をサボって部員たちとゲームセンターにたむろしたりしていたそう。そんななか、長友佑都をはじめとする、サッカー部員と向き合ったのが当時の監督・井上博氏。井上博監督は、ゲームセンターまで部員たちを追いかけたり、涙を流しながら説教したりと、部員たちが真剣にサッカーと向き合えるように尽くしたことで、長友佑都は心を開くようになり、井上博監督について行くようになった。
井上博監督の指導でサッカー部もサッカー部として機能するようになり、長友佑都はサッカーや体力づくりの基礎を中学時代に学ぶことになった。この時期、長友佑都にとっていちばん大きかったのは、プロとなった現在高評価されているスタミナを養ったことだ。中学3年の秋、井上博監督は部員の3年生で駅伝チームを結成し、サッカーだけでなく走る練習もはじまったのだ。猛練習にも関わらず、そんな練習に食らいついたことで長友佑都の運動量は開花し、2001年に行われた高円宮杯第17回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会に出場し、県3位の成績を残したり、高校もサッカーの強豪・東福岡高への進学が決まるなど、中学時代のサッカー部で得たものは大きかった。

地元を離れる際、中学時代の恩師・井上博監督には「絶対ビッグになる」と宣言したそうだが、この頃は「宣言通り」とはいかなかった。サッカーの強豪校である東福岡高校では、2年生でレギュラー入りを果たしたのだが、地区選抜などに選ばれることがなかったため、無名扱い。そのため、高校時代の長友佑都に注目していた人は数少なかったはずだ。実際、スポーツ推薦も獲得できなかったため、大学には指定校推薦で明治大学経済学部へ進学している。明治大学で入ったサッカー部では、当時の神川明彦監督によって、これまでの長友佑都のポジションはボランチだったのだが、フィジカルの強さなどを加味し、右サイドバックへ変更された。右サイドバックは自身でも相性の良さを感じていたものの、椎間板ヘルニアの発症などで試合から遠ざかる日々もあった。しかし、復帰後は多くの試合に出場し存在感を見せると、全日本大学選抜やユニバーシアード代表にも選出されるなど、サッカーの実力が見つめられつつあった。そして。FC東京の練習試合で関係者の目に留まり、FC東京の練習に参加したり公式戦に出たりと、階段を上り始めると、北京オリンピックアジアニ次予選にU-22日本代表として出場。先制ゴールを決めたり、PKを獲得したりと大活躍を見せて、大学卒業を待たずして2008年にFC東京と正式にプロ契約を結ぶことになった。
そしてFC東京での活躍はその年の開幕戦から始まり、第10節大宮アルディージャ戦でプロ初ゴールを決めると、当時の日本代表の監督・岡田武史に招集されて、同年5月のキリンカップ・コートジボワール戦で日本代表として初出場を果たした。その後、北京オリンピックにも出場。結果はグループリーグ全敗という苦しいものだったが、日本代表としての席を獲得しはじめた。

日本代表として大きな試合に恵まれた長友佑都の評判はどんどん広がっていき、2010年にはワールドカップでの活躍が評価されたことがきっかけで、イタリアのACチェゼーナへのレンタル移籍が決まった。ACチェゼーナは、当時20シーズンぶりにイタリアのトップリーグであるセリエAに昇格したこともあり、このレンタル移籍は長友佑都にとって大きなチャンスとなった。というのも、ACチェゼーナとの契約では、完全移籍もある、という条件だったのだ。そしてACチェゼーナへレンタル移籍した長友佑都は、ここでも結果を残して2011年にはACチェゼーナへ完全移籍を果たしたのだ。大学在学時にも関わらず、大学のサッカー部を辞めてFC東京とのプロ契約をしたのは、女手一つで育ててくれている母親を少しでも早く楽にしたかったから、という長友佑都の年俸はFC東京時代に2,500万円まで上がっていたとされているが、ACチェゼーナに完全移籍が決まると、その移籍金は2億と推定されるほど。そして長友佑都の年俸は1億1000万へと上がったのだ。
チェゼーナへの移籍後、その活躍がセリエAで目立つようになると、チェゼーナから「インテル」と呼ばれるセリエAの名門サッカーチームであるインテルナツィオナーレ・ミラノへのレンタル移籍が決定。インテルといえば、イタリアのトップリーグ、セリエAからの降格がない唯一のチームと呼ばれるほどの歴史あるサッカークラブ。そのインテルへのレンタル移籍でも爪痕を残した長友佑都は、2011-12シーズンのスタートをインテルとの5年契約という完全移籍でスタートすることとなった。ケガやチームに不振による監督の入れ替えによって、なかなか常に成績に恵まれた、とはいえなかったものの、セリエAでの活躍は目覚ましく、そのテクニックを持ち帰った日本代表戦でも主軸となるなど、世界中のサッカーファンに知られる存在へと進化していった。

そしてインテルとの契約は更新の時期を迎え、2016年4月に2019年6月末までの契約延長が決まるなど、好調なスタートを切った2016年。この年は長友佑都のプライベートも大きく動き出すようになる。同年、長友佑都は平愛梨との熱愛をスクープされると、その直後に緊急取材を開き、平愛梨との交際を堂々認めたのだ。平愛梨との出会いは、サッカーファンであるお笑い芸人三瓶からの紹介で、三瓶ともともと親友関係だった平愛梨が三瓶と長友佑都の食事会に顔を出したのがきっかけで、2人で会うようになり交際に発展。平愛梨が先に長友佑都を好きになったものの、そのときは付き合わず、それでも仲を深めていったのがきっかけで、長友佑都から平愛梨へ結婚を前提に、と付き合うことになったそう。そんな経緯もあり、熱愛が公になると長友佑都は堂々と平愛梨を大切な人と認め、「僕のアモーレです」と宣言。アモーレというのは、イタリア語で愛する人という意味だが、日本では馴染みのないフレーズだったことと、堂々と宣言するその姿が話題となり、2016年の流行語大賞に選ばれるほど、平愛梨と長友佑都の交際を多くの人が祝福した。

そして同年12月には婚約を発表し、2017年1月に平愛梨と結婚。平愛梨はタレントとして多くの番組に引っ張りだこだったものの、サッカー選手の妻としてついて行くことを決め、長友佑都のホームであるイタリア・ミラノへの移住を決めて日本での仕事をセーブすることとなった。平愛梨との結婚生活は順調そうで、2017年9月には平愛梨の妊娠を報告し、2018年2月に第一子の誕生を報告するなど、お互いのファンにオープンにしていることも、長友佑都と平愛梨の人気の秘密だ。

長友佑都は1歳上の姉・麻歩と、2歳下の弟・宏次郎がいるのだが、長友佑都はその2人の兄弟にあまり似ていないとか。長友佑都がイタリア・ミラノで生活していたときは、姉といっしょに暮らしていて、ブログに姉の手料理をよくアップしていたことも。姉である麻歩さんは、津田塾大学卒業後に就職。東京都内でOLとして働いていたそうだが、長友佑都がイタリア・チェゼーナへの移籍が決まると、長友佑都のサポートを決意し、仕事を辞めたそう。そして、長友佑都のイタリア生活を支えていくために、姉の麻歩自身もイタリアへ移住。家事や健康管理などの面で長友佑都を支えているなか、長友佑都の姉として認知されるようになり、写真が出回ると「美人すぎる!」と話題になった。
そんな美人姉は謎が多く、じつは結婚しているのでは、という噂も。というのも、長友佑都のインスタにはたびたび”甥っ子”が登場しているからだ。甥っ子との写真には、もちろん妻である平愛梨や、長友佑都の専属シェフ・加藤シェフなども登場するのだが、そういった写真で長友佑都がブログやインスタで”甥っ子”と紹介する男の子を抱いているのは、姉の麻歩さんのようだからだ。また、甥っ子の動画を投稿した際には「イタリアから送ってもらっている」ということも言っていて、イタリアにいる兄弟といえば、姉の麻歩さんのため、麻歩さんは結婚していた、もしくはしているのでは、という憶測がネットを中心に飛び交っているのだ。実際、“長友佑都の姉”は一般人ということもあり、正確な情報は出回っていない。しかし、長友佑都の姉としてたびたび姿を現すその存在を楽しみにしている人は、少なくはないようだ。

日本のサッカー界だけでなく、世界のサッカー界でも注目される選手となっている長友佑都だが、2018年に1月末にイタリア・インテルからトルコのイスタンブールをホームタウンとするガラタサライSKへレンタル移籍が発表された。ガラタサライは左サイドバックの選手を求めているなかで長友佑都へのアプローチをし、長友佑都はロシア・ワールドカップへの出場機会を求めてガラタサライへの移籍を決断したそう。もちろん、イタリアからトルコへ移住するというのは、小さい子どもを抱えた妻の平愛梨にとっても負担になるだろうという不安もあったそうだが、結果的には平愛梨にも背中を押してくれたことで、ガラタサライへの移籍に踏ん切りがついたんだとか。また、ガラタサライには、インテルでチームメイトとしていっしょにプレーしていて仲の良かったヴェスレイ・スナイデルが2013年~2017年にガラタサライにいたこともあり、スナイデルにもガラタサライへの移籍について相談したそう。スナイデルはガラタサライを素晴らしいクラブと評価し、長友佑都のガラタサライへの移籍について「考えずに行け」とアドバイスしたそう。そんな周りの人たちからの支えもあって2018年からはトルコ・ガラタサライでの長友佑都の活躍に注目が集まっている。

主な出演

・映画
ユルネバ~キミはひとりじゃない~…

・CM
ACジャパン・カーズ2・大塚製薬「ポカリスエット」『ひたむきな汗』篇、『絆 -アスリートから子供たちへ-』篇・ロッテ「ACUO」『キモチつながる』篇 /「爽」『長友 春』篇 ・アサヒビール「アサヒオフ」『オフを楽しもう・長友』篇、『走る長友』篇、『ゼロゼロで登場』・マツダ「デミオ」『技術を磨け』篇、『チカラを引き出せ』篇、『NAGATOMO MEETS AXELA』・スカパー!・インテル・チャンネル…

長友佑都の人気のインスタグラム

新着ニュース