長谷川潤がフォローしている有名人

長谷川潤と一緒に登場した有名人

関連コンテンツ

長谷川潤のハッシュタグ

長谷川潤のプロフィール

名前:長谷川潤(モデル/タレント)
生年月日:1986年6月5日
出身地:アメリカ

インド系アメリカ人の父親と日本人の母親を持ち、アメリカのニューハンプシャー州で生まれた、アメリカと日本のハーフ。2歳のときにハワイへ移住。そのため、アメリカ本土よりも15歳までを過ごしたハワイが長谷川潤にとって地元といえる。長谷川潤は妹が2人いる長女で、テレビ番組でも共演したことや、長谷川潤のインスタに登場したことも。ちなみに次女はジュリ、三女はメイ。テレビでの共演時に三姉妹が揃うと、姉妹らしくケンカをするシーンなどもあり、仲良しではなく、不仲なのでは、という疑惑が出るほど注目されていた。三姉妹なのだが、長谷川潤は2人の妹たちとは似ていないところも、ネットで騒がれる要因の1つとなった。
長谷川潤がハワイを離れるきっかけとなったのがスカウト。ハワイでスカウトされたことえおきっかけに、15歳の頃、日本へ移住し、モデル業を開始。アメリカ生まれハワイ育ちの長谷川潤は、当時日本語を上手に話すことができず、神戸のインターナショナルスクールへ通って日本語を勉強していたそう。

長谷川潤のモデルデビューを飾ったのは女性ファッション誌「ViVi」。2002年から長谷川潤は「ViVi」の専属モデルとして活動し、同年の12月号、当時16歳という最年少ながらも単独でカバーを飾った経験をもつ。2010年の9月号で8年間務めたViVi専属モデルを卒業し、同じく女性ファッション誌「GLAMOROUS」の専属モデルとしての活動を開始。その登場号で表紙に登場するなど、トップモデルとして人気を博した。
とくにモデルとして注目されていたのは、ハワイ育ちらしさを感じさせる、彫りの深いハーフらしい顔立ち。その端正な容姿に憧れて、長谷川潤を目指す女性たちが長谷川潤が出演するメイク用品のCMや雑誌などに掲載されるメイクを真似することも多々。しかし、長谷川潤本人は実はノーメイク派とされていて、実際にも濃い色味のメイクよりもヌーディーなメイクが多く、より長谷川潤の大きな目と整った鼻筋を強調させている。ハワイらしい小麦色の肌が健康的で、長谷川潤の美しさを引き出すメイクとなっているが、メイクブランドのCMで見せるばっちりメイクも、長谷川潤にかかるとやりすぎに見えず、真似したいメイクになることで、頻繁に資生堂のメイクブランドでキャラクターに選ばれている。

そんな女性の憧れである長谷川潤は、2011年6月にハワイ在住の男性と結婚。いまでは旦那となったその男性との出会いは、共通の友人との食事会だったという。旦那と仲良くなったのは、会ったときに面白い人で、友達になりたいと思ったことがきっかけ。その後、友人として連絡を取り合う仲になったものの、友達になりたいという最初の思いから長谷川潤の気持ちが変わり、付き合うことに。旦那との付き合いはじめ、長谷川潤には結婚願望がなかったのだが、付き合いを続けていくうちに、結婚生活を思い描くようになり、旦那には逆プロポーズをしたという。その後、アメリカのカリフォルニアにある遊園地で、ひざまずいた彼から「Will you marry me?」とアメリカ定番のプロポーズを正式にもらい、晴れて結婚することになったという経緯だ。
結婚した翌年、12月14日に女の子を出産。子供を産んだのはハワイではなく東京で、病院で水中出産を経験したそう。子供の名前はアイボリーで、子供を産んだのをきっかけにハワイへ移住。長谷川潤の生活の拠点は、旦那が仕事を持つハワイへと移ることになった。育児の他にも、長谷川潤は日本で月1回ほどのペースで仕事をこなすようになったが、子供と離れる時間を持つことで自分に集中できる日本にいて仕事をする時間と、ハワイでママとして子供を育てるということを上手に切り分けられていると話している。2014年には長男となるエヴァンを出産。長谷川潤のインスタではもちろん、旦那のインスタにも頻繁に登場し、家族の仲睦まじい生活を発信している。

長谷川潤のトレードマークといえば、キレイな暗髪ロング。その髪型は美人の王道でありながらも、多くの人が憧れを持っていた。ナチュラルなその髪型だったが、出産を機に前と同じ自分には戻りたくないと髪型をチェンジ。自分の定番の髪型であった、ロングヘアを捨て、ボブという新しい髪型にチャレンジした。髪型を大胆に変えても、長谷川潤らしい、ナチュラルな髪のラインは変わらず、結婚・出産を経て一皮むけた長谷川潤を上手に表現する髪型になった。長谷川潤の髪型=ロング時代には、前髪はセンター分けが定番だったが、ボブに髪型を変えてからは、そのふんわりとした髪を生かすように斜めに流した前髪も魅力的になった。

このように長谷川潤といえば、日本名なのにハーフモデルというイメージを持つ人が多いだろうが、実は長谷川潤という巨人の選手も存在する。巨人の長谷川潤は、2015年に入団テストを受けて巨人の選手となった投手。2016年に一軍に昇格すると、プロ初登板初先発のマウンドで敗戦投手となり、2017年に球団から戦力外通告を受けてしまった。巨人で花形選手を目指していたと思われるが、その夢絶たれた、巨人の長谷川潤。ハワイにいる長谷川潤とはまったく違う人生を歩んでいるが、奇しくも同じ名前のため、注目されたこともあったようだ。
そんな巨人の長谷川潤とは違い、常に一軍で活躍するモデルの長谷川潤は、CMのオファーも2人の子供を持つママになった今も途切れることはない。以前は人気番組の「グータンヌーボ」や「アナザースカイ」でレギュラー出演をしていた長谷川潤。本格的なテレビへの復帰を望む声も多いが、ハワイと日本を行き来しながらママとモデルの顔を両立させる器用さも高評価されている。

主な出演

・CM
マックスファクター「illume」・資生堂「fino」「化粧惑星」「AQUAIR」「Za」「TSUBAKI WATER」「ANESSA」「MAQuillAGE」「TSUBAKI」・キャドバリー・ジャパン「HALLS う.る.water」・日清食品「野菜スープヌードル」・日本コカ・コーラ「爽健美茶」「LUANA」・ユニクロ・東芝「VARDIA RD-A301」・日本ケンタッキー・フライド・チキン「ベジチキラップ」・Right-on・キリンビール「キリンゼロ <生>」・三洋電機「Xacti」・サンエー・インターナショナル「NATURAL BEAUTY BASIC」・JT「ルーツ アロマインパクト」・NECカシオ モバイルコミュニケーションズ「ドコモ スマートフォン MEDIAS WP N-06C」「docomo with series MEDIAS ES N-05D」「docomo with series MEDIAS X N-07D」・大塚製薬「ソイカラ」・ROSE BUD・フォルクスワーゲン「The Beetle」・カゴメ「GREENS」・アサヒビール「アサヒスタイルフリー」…

長谷川潤の人気のインスタグラム

新着ニュース