お気に入り

篠原ともえ Instagram

篠原ともえ さんのインスタグラム

女性タレント の篠原ともえさん のインスタグラム(Instagram)アカウントです。

179,625

篠原ともえ
東京ドームシティTeNQ 篠原ともえ「星と宇宙のデザイン展」11月8日〜開催/Eテレ「みいつけた!」/テレ朝動画「シノバニ」/書籍「ザ・ワンピース1&2& for KIDS」「星の教科書」/TFMプラネタリーカフェ/JFN日本カワイイ計画/衣装デザイン:松任谷由実・嵐・藤あや子 etc...
http://www.tomoeshinohara.net/

[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

篠原ともえをフォローしている有名人

篠原ともえと一緒に登場した有名人

関連コンテンツ

篠原ともえのハッシュタグ

篠原ともえの関連リンク

篠原ともえ Twitter
篠原ともえ インスタグラム
篠原ともえ 公式

篠原ともえのプロフィール

名前:篠原ともえ(タレント)
生年月日:1979年3月29日
出身地:東京都

中学校3年生の頃にオーディションに参加。歌の審査で出だしを間違え、「わー間違えちゃった、キャー!」とキャピキャピしながらハイテンションで歌っていたことが、面白いと評価され、そのオーディションに合格。そうして芸能界に足を踏み入れることになったのだが、デビューのきっかけとなったのは、電気グルーヴの石野卓球との出会いだ。オーディションをきっかけに芸能界へ入った篠原ともえは、とある事務所に毎日遊びに行くようになり、毎日顔を出す篠原ともえの姿を見て、その事務所の関係者がなんとかしてあげたいと、篠原ともえを電気グルーヴの石野卓球と引き合わせたのだ。篠原ともえは何も知らず、紹介された石野卓球とただご飯を食べるだけだと思っていたが、実はオーディション。石野卓球はご飯をともにすることで篠原ともえを審査していたのだという。そんなことも知らずに力うどんを食べる篠原ともえは、晴れて石野卓球プロデュースとして「篠原ともえ+石野卓球」名義のシングル「チャイム」で1995年に歌手デビューを果たすこととなった。
1996年にはセカンドシングル「やる気センセーション」をリリース。この曲は進研ゼミの春のCM曲に使われ、この曲のB面に収録された「忘れちゃうモン」は、テレビ朝日系「ウンナンの炎のチャレンジャー」のエンディングテーマに起用されるなど、一気に篠原ともえの曲は露出することになった。10月にはデビューアルバム「スーパーモデル」をリリースしたこともあり、音楽番組への露出も増えた。この音楽番組への出演がきっかけで篠原ともえはブレイクへの階段をのぼりはじめることとなった。キャッチーな音楽とファッションをまとった篠原ともえは、当時大人気の音楽番組「HEY!HEY!HEY!」に出演すると、そのトークやキャラクターの面白さが露呈。大物に屈しない新人として面白いと評価されるようになると、1996年の10月からはレギュラー番組を獲得。深夜枠ながらも、当時絶大な人気を誇っていたKinKi KidsがメインMCを務めたことで注目度の高かった「LOVE LOVE あいしてる」でゲストの楽屋を篠原ともえが襲撃するコーナー、「篠原ともえのプリプリプリティ!!」でその人懐っこく、ハイテンションなキャラクターを全面に押し出すとたちまち大人気となった。

歌手としてデビューしたものの、篠原ともえが最も注目されたのはその奇抜なファッション。華々しくデビューしてからすぐに、篠原ともえと同世代のティーンエイジャーたちが篠原ともえのカラフルでポップなファッションを真似するようになり、そういった篠原ともえのファンたちは「シノラー」と呼ばれるようになった。若い女の子たちのなかで始まった「シノラー現象」だったが、のちに老若男女問わず、真似されるファッションだったため、男シノラーや親父シノラーも登場し、「シノラー」は大きな社会現象を巻き起こした。このように、もともとは篠原ともえの真似をする人たちのことをシノラーと呼んでいたのだが、マスメディアはこの意味を誤用し、篠原ともえ自身をシノラーと称するようになり、シノラーが2つの意味を持つようになった。シノラーと称される人たちは、篠原ともえのカラフルでポップなファッションを真似するだけでなく、篠原ともえが多用する、「ぐふふ~」や「プリプリ!」といった言葉や、語尾に「ですぅ~」をつけるなど、その口調も真似したり、篠原ともえの特徴的なくねくねする仕草なども真似していた。

そんな一斉を風靡したシノラーファッションは、お団子頭と眉毛が見えるほどのぱっつん前髪が特徴。顔に星などのキラキラしたシールを貼り、ハーフパンツにサスペンダーといった少年っぽいファッションの足元にはドクターマーチンの存在感のあるごつめ靴。髪には100均で売っているキラキラした髪飾りなどが初期のシノラーファッションをつくっていたもの。じつはこのシノラーファッション、作り上げていたのは大人ではなく篠原ともえ自身。ブレイク時、篠原ともえは現役の女子高校生だったが、通っていたのは東京都立八王子工業高校の応用デザイン科。もともとデザインに興味を持ち、デザインを専攻していたこともあり、デビュー当時に篠原ともえが着ていた衣装はすべて篠原ともえが制作したもの。デザインを学んでいるということもあって、シノラーファッション特有のごちゃごちゃしたファッションも、篠原ともえにかかればおしゃれな組み合わせに見えた、ということだった。音楽番組の出演でブレイクを果たしてからは、篠原ともえにスタイリストがつき、篠原ともえが描いたデザイン画を元に篠原ともえ色の強い衣装を作っていたそう。
シノラーブームも追い風となり、戸板女子短期大学の被服科に進学するも、法政技術を学びたいと、翌年、文化女子大学短期大学部へと進路を変更し、服装学科を専攻することになった。タレント活動を広げる篠原ともえのデザインの才能を見抜いたのは、「LOVE LOVE あいしてる」で共演していたシンガーソングライターの吉田拓郎。その吉田拓郎に「君はデザイナーになりなさい。君のファッションを見ていると元気になるから、そのアイデアを皆に提供してげなさい」と言われたのがきっかけで、本格的にデザイナーを目指すようになったそう。

このひと押しがあったのが先か、あとかは不明だが、2001年、篠原ともえは「台湾事件」と呼ばれる騒動によって、芸能界という表舞台から姿を消すことになる。2001年3月、篠原ともえは台湾限定でリリースされたCDのキャンペーンのために、台湾へ。そのイベントのために宿泊していた台湾のホテルで、泥酔して大暴れし、ホテルについている火災報知器を鳴らしたり、裸同然の格好でホテル内を走り回ったり、深夜にも関わらず大声を出して、台湾の警察が出動するほどの大騒動が起こったという報道があったのだ。そしてそんな「台湾事件」を起こしたとされる張本人・篠原ともえは泥水が原因で病院に担ぎこまれ、暴れていたため、歯が折れたとも報道された。しかし、台湾から帰国後、篠原ともえは釈明会見を開く。
本人は酔っ払っていなく、大声で叫んだこともないと報道を全面的に否定。篠原ともえが語った真実は、報道されたものとはかけ離れたものだった。篠原ともえが「台湾事件」について、釈明会見で認めたことは、「廊下で早く日本に帰りたいと話したこと」と、「入院したこと」。入院した理由は、泥酔とは無関係で、急性ストレス反応があったためだということを公にした。当時篠原ともえが所属していた事務所も、台湾からの報道については完全否定し、篠原ともえの真実を正しいとしたものの、この「台湾事件」はスポンサーに影響を与えた。真実がどうだったかよりも、いままでの篠原ともえとかけ離れた事件だったため、スポンサーは離れていき、結果的に篠原ともえはテレビから干されることになってしまった。

台湾事件以降、メディアの露出がなくなった篠原ともえだが、およそ10年のときを経て、新しい篠原ともえとしてテレビという舞台に帰ってくることになる。その大きなきっかけとなったのが、事務所の移籍。2013年5月から古舘プロジェクトに所属し、再びバラエティ番組へと舞い戻ってきたのだ。新生篠原ともえのお披露目となったのは日本テレビ系の情報番組「PON!」へのレギュラー出演。大人になって戻ってきた篠原ともえは、その美人なルックスと、相変わらず人懐っこい笑顔がかわいいと話題に。知らない間に急に美人になって帰ってきたと、ネットやお茶の間を賑わせることになった。
新しい篠原ともえを印象付けたのは、女優業。篠原ともえと同じく、不祥事でテレビを干されることとなった沢尻エリカの復帰ドラマとなった「ファーストクラス」への出演だった。ドラマ「ファーストクラス」は豪華な女優陣に沢尻エリカの復帰作ということもあり、注目度は高かったものの、ファーストシーズンは深夜枠。そのため、実際に視聴する世代は「PON!」を見る主婦層ではなく、働く若い世代や、学生達。そのため、その世代に篠原ともえの復帰をアピールすることになった。シノラーとして世間を賑わせていた篠原ともえが、いつのまにか美人になっている、かわいい!と、ネットを中心に話題をさらい、篠原ともえが美人になっているというまとめができるほどだった。この出演が話題となり、映画「海月姫」やTBS系ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」へも出演。美人になって帰ってきた篠原ともえの真骨頂を切り開くこととなった。

芸能活動を本格的に再始動することとなり、注目されたのは女優業だけではなかった。篠原ともえが産むデザインもまた、大きな注目を浴びるようになった。一番先に篠原ともえのデザインに目をつけたのは、松任谷由実の夫、松任谷正隆。事務所移転後にメディア露出を再開していく中で、篠原ともえは松任谷正隆のラジオに出演し、これをきっかけに松任谷由実のコンサートの衣装デザインを手がけることとなった。篠原ともえが再注目されたドラマ「ファーストクラス」でも、篠原ともえの役柄がパタンナーだったことから、デザインのイメージが色濃くつき、復活してからはデザイナーという顔も全面に出すようになった。
そのデザインの才能が評価され、篠原ともえは2015年に「ザ・ワンピース 篠原ともえのソーイングBOOK」を出版。さまざまなパターンのワンピースのデザインが掲載されていて、どのデザイン絵も袖や身頃を入れ替えて自由にアレンジできるワンピースの型紙を用意していることもあり、ワンピースを作りたいという実践的な人からその汎用性を高く評価された本となった。このワンピースに特化したソーイングBOOKは高評価を得て、「ザ・ワンピース2」が発売されることとなった。10代のブレイク時、ファッションアイコンとして一斉を風靡した篠原ともえは、10年の空白期間を経て、大人っぽいファッションにシフト変換したことで、より多くの人から評価されるファッションを提案するようになったのだ。

復帰してから、元々の「かわいい」キャラクターよりも、「美人」と評価されることが増えた篠原ともえだが、復帰後、浮いた恋愛話がない。台湾事件後に発覚した、中村獅童との熱愛は当時かなり珍しいオープンなものだったこともあり、結婚間近ではという噂も多かったが、中村獅童は篠原ともえと別れてすぐに、映画で共演した竹内結子と結婚したのだ。その後、中村獅童は竹内結子と離婚し、篠原ともえと復縁したのではという報道もあったが、やはり結婚に至らず。のちに中村獅童が再婚相手に選んだのは、篠原ともえではなかった。
まだ熱愛報道などの浮いた話はないが、「美人になった」と多くの声が寄せられる篠原ともえが結婚する日もそう遠くはないと見ている人も多い。多彩な才能をもち、芸能界の表舞台に戻ってきた篠原ともえも、もうアラフォー。将来、結婚相手にどんな人を選ぶのかが密かに注目されている。

主な出演

・映画
デボラがライバル・ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃・恋に唄えば♪・ギブリーズ episode2 ・ゴジラ FINAL WARS ・いらっしゃいませ、患者さま。・コーラスたい♪ ~彼女たちのキセキ~ ・山形スクリーム・Exhalation(邦題「避けられる事」)・『猫と電車』~ことでん路線開通100周年記念映画~・海月姫…

・ドラマ
踊る大捜査線・川の見える病院から 幼い命を救いたい! 熱血先生とがんと闘う子どもたちの涙の記録・FiVE・新宿暴走救急隊・(秘)恋愛ドラマ Suite Rooms203号室「アレルギー」・ 先生知らないの? ・夜逃げ屋本舗・今夜は営業中!・バーチャルガール・恋する日曜日・女タクシードライバーの事件日誌 ・佐藤四姉妹・風に舞い上がるビニールシート・Major Crimes ~重大犯罪課・ファーストクラス・ウロボロス~この愛こそ、正義。・ジャングル・フィーバー…

・CM
パナソニック 「MX2」・学生援護会 「an」・トヨタ自動車 「カローラツーリングワゴン」・永谷園 「トッピー」「おとなふりかけ」「さまさまふりかけ」「減塩みそ汁」・資生堂 「リシェール キューティクルメイク」「フェルゼア」「キッチンきれい」・ローソン 「ローソンに行かなくちゃ」編 ・不二ビューティ たかの友梨ビューティクリニック ・ロッテ 「怪盗フリージア」シリーズ 「スムージー」「モナ王」・NTTドコモ東海・ タムソフト 「KNIGHT & BABY」 ・サッポロビール 「ミネア」・ヴァージン・ドリンク 「ヴァージン・コーラ」・サークルK・学生情報センター・ NTT ダイナミックテレマ 「プレゼントライン」・旭化成 酎ハイ 「WARU」・JR西日本・大正製薬 「ヴイックス メディケイテッド ドロップ」・マルサン 「ラブ・お味噌」篇「ZuTTOの丘で」篇、「大豆畑」篇・首都高速 ETCキャンペーン 「カレージョのお出かけ」篇・しまむら「ファイバーヒート」・小泉成器 Bijounaリセットブラシ「恋するシノハラ」篇…

篠原ともえの人気のインスタグラム