房野 史典のインスタグラム(bounofuminori1980) - 1月12日 00時22分


【あの日の西野亮廣『パンの話』】

どうしようかな、と一瞬悩んで。
まいっか、と今に至ります。

1月15日。同期の作家・山口トンボと、「あの日の西野亮廣」というトーク配信を行います。

配信時間は約1時間。しゃべってるうちに「あれもこれも」となるのは目に見えてるし、、
たとえ文章で読んだことでも、喋りで聴くと、また感覚も違うだろう、、
と思ってですね、西野さんにまつわるお話を書いてみようと思います。

で、

パッと浮かんだのは、これまで誰にも喋ったことのなかったエピソードです。

でも勘違いしないで。ずっと胸に秘めてたとか、今の今まで温めてきた珠玉の話、とかってものじゃありません。

人が聞いても、取るに足らない、「うん、だから何?」って感じの話だから、誰にも喋ったことがなかっただけ。
オチがあるわけでもないし、ましてや万人に響く感涙ポイントがあるわけでもない。僕だけに取って大事な話。
だからまぁ、配信でもわざわざ話さないかもだから、なんとなくここに記しときますね。

僕がまだ名古屋の吉本に所属していた頃。今から17、8年くらい前。
西野さんと出会ったのはその頃になります。

初めて会ったとき、、の話は、ちょっと長くなりそうだし、配信でも話すかもだから、やめとこ。
とにかく西野さんに出会って、ありがたいことにね、すぐに可愛がってもらうようになったんです。

当時、西野さんはすでに「はねるのトびら」をやられていて、押しも押されもせぬ大スター。
1年上の先輩というよりも、

「わ、キングコングだ……」

っていう、「テレビに出てる人だ!」の感覚の方が強かったかも。

そんなスターが気さくに喋ってくれて、仕事で名古屋に来るたび、

「房野、何してんの? 飲みにいこー!」

って誘ってくれるんだから、そりゃ舞い上がりますよね。
改めて振り返ってみても、20代前半の僕は半分素人です。

でも、そんなミーハーな感覚を置き去りにするくらい、西野さんとのおしゃべりは刺激的でした。

なんかね、思ってたのと違った。

それは、西野さんに抱いていたイメージじゃなくて、売れてる人に抱いてたイメージで。
仕事とプライベートって別の話題で盛り上がるもんだと思ってたんだけど、西野さんは全然違う。

ほぼ、お笑いの話しのみ。

そろそろ車を買おうかと思ってて、
この前麻雀やってたらさ、
やっぱりゴルフは楽しいよ、

こんな話題、一切出てこない。それがいいとか悪いとかじゃなく。

お笑いの話って、芸人によっては"真面目な話"のカテゴリーに分類されて、どの芸人も酒の席でそんな話しをすることはあるんだけど、どこか「今日はちょっと真面目に語ろうか」ってトーンになりがちなんです。
一事が万事そうじゃないんだろうけど、少なくともこのときの僕にはそのイメージしかありません。

なのに。

西野さんは嬉々としてしゃべってる。

真面目に話すべき(と、このとき房野は思ってる)話を、すっげぇ楽しそうにしゃべる。

当時はそんなボキャブラリーないけどこれは、

ボーダーレス。

この人、裏表がないにもほどがある。
自分がずっと好きだったお笑いを仕事にしたとたん、生真面目に向き合うのって変じゃね? と言わんばかりのテンション。

なんだこの人。
おもしろいとストイックが同居しながら、でっけぇネジが5本くらい取れてる。

待って待って待って。

おもしろいんだけど。

この人メチャクチャおもしろくて超楽しいんだけど。マジで。

軽い衝撃を受けながら、のめり込みました。
趣味、みたいな言い回しですが、西野さんにのめり込みました。
西野さんの話しを聞けば聞くほど「なるほどー!」となったし、「え!そんなこと考えてんすか!?」ともなりました。

刺激的で楽しくて、楽しくて刺激的で。酒と面白いが頭の中でグルグル回り、西野さんと飲んだ日はベロベロになるのが決定事項。なぜだか2、3回泣いたのも覚えてます。

そんな楽しくて面白い先輩がね、

この続きはFacebookかほかのSNS見てみてー!
配信でしゃべるかも!

プロフィール欄からお願いします。
@房野 史典

#西野亮廣 #あの日の西野亮廣 #えんとつ町のプペル #映画えんとつ町のプペル
[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

>> 飲む日焼け止め!「UVシールド」を購入する

300

4

2021/1/12

房野 史典を見た方におすすめの有名人

房野 史典の人気のインスタグラム